RAINBOW SLEEVES

~ミセス・ビーンズの人生劇場~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ついに「その日」がやってきたんでございます

A:「おならしてもいい

B:「だめ」






A:「おなら、出ちゃうけどいい

B:「だから、だめっ


言うまでもなく、Aは私でBがおとぼけ君ですけどね

宿題が終わって、リビングのテーブルで

こんな会話をしながら

私は「お絵描き」、おとぼけ君はお友達に手紙を書いておりました。

昔から「手紙魔」ですけど

5年生になっても男女問わず手紙を書いてる男子っているんでしょうか


まぁ、夜はいつも二人でこんな感じ。

宿題が終わった後のわずかな自由時間。

先日は、一緒に「書道」を楽しみましたよ。

墨の香りって落ち着きますよね。


おとぼけ君が手紙を封筒に入れようとした瞬間

「ねぇ、いつもお元気ですかって変

と聞いてきました。


そう、彼の手紙の書き出しは必ず「いつもお元気ですか」なんですよ。

変だけど、可愛いし、その内気づくだろうと思って放っておきました。

初めてその一文に違和感を覚えたおとぼけ君。

怪しかった日本語も少しずつ上達してきた証拠です。

最近は一人前のことを言うようになりました。


ねぇ、まともな食事を作ってよ



とか



どうして、お父さんと結婚したの?

もっとやさしくて、賢い人がいたでしょう。

よ~く考えて結婚しなかったんでしょ。




いやいや、よ~く考えてから結婚しましたよ。

パパはやさしいし、賢いもん。

プロポーズは3回断ってるけど。。。


いやはや、やっと生意気盛りになりました。

そして。。。

友達5家族と、とあるレジャー・スポットに出かけた時でした。

おとぼけ君と私がちょっとした口喧嘩になってね

急に黙りこくったかと思ったら

しばしの沈黙の後、私をきっと睨み付けて

ついに。。。ついに。。。



ついに「その日」がやってきたんでございます…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | そんなタヌキ | コメント:18
∧top | under∨

ダーリンが「うやーーーっ!!」って言った。。。そりゃもう、でっかい声でね

5月2日。

その日、ダーリンは午後からずっと出かけていました。

バンドのリハとライヴっすよ。

夜11時過ぎ

ライヴ・ハウスで盛り上がってるダーリンに電話。

たまたま演奏中じゃなかったので電話に出ました。




「清志郎、死んじゃったよ。。。






「うやーーーっ


って、彼は叫びました。

初めて聞きましたよ。

彼の「うやーーーっ」


「うっそーーっ。いやぁ、ショックだなぁ

「ねぇ、そこにミュージシャンいっぱいいるのに、その話誰もしてないの

「してないよぉ。だって、みんなジャズ・メンだもん」



ダーリンはマルチ・リスナーにしてマルチ・ベースプレーヤー。

ロックもジャズも

フュージョンもプログレも

昭和歌謡でもシャンソンでも

どんなジャンルだっていいものはいい

っていう人ですから。



「女なら誰でもいい

みたいなことですかね。

特に「忌野清志郎」さんは大好きなアーティストの一人。

しかも先輩がバック・バンドでベース弾いているので

(こちら→「輝いてるぜ、きたろうさん」

勝手に近しく思っている部分もありますけど。

58歳。

若過ぎますよね。

ニュース映像で見た竹中直人さん。

出棺の時の彼の一瞬追いすがるようなあの目。

忘れられません。





そして翌日

私も「うやーーーっって

叫びました。

何故かというと。。。





ダーリンが「うやーーーっ!!」って言った。。。そりゃもう、でっかい声でね…の続きを読む
別窓 | なんてこったい | コメント:12
∧top | under∨

「愛があれば歳の差なんて」的恋の予感

ちょこちょこっと映像関係の仕事もしてるんですけどね。

日常の生活では絶対訪れないような場所に行ったり

絶対会えないような方々とお会いして

お話しできるのをとても楽しみにしています。



数ヶ月前、某老舗醸造メーカーの社長さんと

一日ご一緒する機会がありました。

仕事に対する情熱、ひたむきさを持つ

知的でダンディなM氏。

伝統も大切にしつつ、エコ・コンシャスな環境改善にも取り組んでいます。



ランチの場所選びの時も「○○さんは、何が好き?」

撮影の合間には「○○さん、トイレは大丈夫?」

「寒くない?」 「こっちに来て座りなさい」




うぇ~ん




スタッフからは、されたことのないような優しい気配り

「女性」として扱われている実感を久々に味わいましたぁ




その一ヶ月後、別の撮影の帰り道に

完成したDVDを届けるために立ち寄りました。

私は車から出ませんでしたけど。

しばらくして、社長を伴ってディレクターが戻ってきました。


「いやぁ、先日は大変お世話になりました。

あれっ、美人リポーターさんも来てる?」


と車内を覗き込む社長。

最後部座席に座っていた私が



あっ、はいっ。

ここっ、ここでございますっ。


と反応しそうになった時。。。












「愛があれば歳の差なんて」的恋の予感…の続きを読む
別窓 | わたしはだあれ? | コメント:4
∧top | under∨
| RAINBOW SLEEVES |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。