RAINBOW SLEEVES

~ミセス・ビーンズの人生劇場~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ローマの休日 第1話

昨夜、ふとある人の名前を思い出し、ちょっとした好奇心で彼の名前で検索してみた。
彼は雲の上の人になっていた。最初は同姓同名かと思ったけれど、写真を発見。
やっぱり彼だった。
そのあと、思い出をかき集めるかのように脳がフル回転してしまい、なかなか寝つけなかった。
少しずつ彼との思い出を書き残しておこうと思う。
脳を鎮静するために。

私はロンドンのど真ん中にある学校で「ケンブリッジ英検」の受験勉強をしていた。
ある日、同じクラスにはいってきたのがイタリア人で映像の仕事をしているというMだった。
その後、イタリア人の小児科医ユージェニオもクラスメイトとなり、三人は意気投合。
学校が終わると、時間が合えばいつも一緒に遊び歩いた。

彼らはイメージ通りの陽気で気さくなイタリア人。
でも、日が経つに連れ、目に見えて元気がなくなっていった。
「太陽が恋しい。。。」と言っていた。
そうか。ここロンドンの空は灰色だもんな。
人間の精神衛生上、太陽がいかに大切かを痛感した(笑)。

私と違って、彼らは仕事上の英語のスキル・アップのために来ていたので、
わずか数週間の滞在だった。

まず、ユージェニオがベルギーの病院へ。
トリオからデュオになっても相変わらずいろいろと出かけた。

そうそう、恥ずかしながら黒澤明監督の映画を初めて観たのもロンドンだった。
「日本人なのにクロサワの映画を観たことがないの?」と驚いていた。
彼に誘われて「羅生門」を観に行った。
いろいろと細かいことが気になるようで質問攻めにあい、四苦八苦。
前の席に座っていた男性に「うるさい!」と叱られて二人で苦笑い。

彼のお祖父様はかなりのお金持ち。
お父さんは舞台評論家で、お母さんは元女優で写真家、
TV番組も持っていると言っていたっけ。
一度、お父さんが仕事でロンドンに来た時、
スローン・スクエアのパブに出向き、紹介してもらった。
田舎者の私とは大違い、そんな華やかな環境で育ったわりに、
Mは飾り気のない、純粋な人だった。

そして、彼もとうとう帰国。
ソロになってしまった私はしばらくの間、心にぽっかり穴があいたようだった。

でも約束していたのだ。
「夏休みになったら、ローマにおいで。もちろん、ぼくの家に泊めてあげるから。」
お金にゆとりのない私にはうれしいオファーだった。

あいにく、イタリアではサッカーのワールド・カップが開催されていて、
しかも私の入国予定がセミ・ファイナルの日だったので、飛行機の予約が困難だった。
でも、彼の紹介でチャーター便の席が取れ、「ローマの休日」も実現できることに。

本当に迎えに来てくれるだろうか。(イタリア語は全く話せない。。。)
不安な気持ちのまま、ガトウィック空港から飛び立った。
                                            続く。。。
別窓 | ローマの休日 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<デザートはまずいんじゃなかった? | RAINBOW SLEEVES | デビュー!>>

この記事のコメント

このころはタッチが
全然違ったんですね!
なかなかセンチメンタルチックじゃないですか!
ってゆうかロンドンの真ん中の学校って
お嬢様じゃないですか~~~!

ポチっときます。
2008-03-27 Thu 17:37 | URL | ミナト #-[ 内容変更] | top↑
あいたたたた。
私も久しぶりに「見た」ような気がする、これ(笑)。
こんな私もいるでよって感じっすかねっ。

そうそう、これに関してはちゃんとした文にしておかないと
マフィアに狙われちゃいますから~v-356

Mが今年公開する映画の原作者は
マジでマフィアに命を狙われてるそうですからv-40

あ、これ日本語だから関係ないかっ。

お嬢様だったんですよ~。
ものすっごい田舎の。。。。v-395

なんか、大変申し訳ないんですけど。。。
ぽちっと、ありがとうございますっ、師匠v-435
2008-03-27 Thu 19:57 | URL | eritorie #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| RAINBOW SLEEVES |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。